もしかしたら、日本はまだまだいけるんじゃないかと思います。この映像に出てくる若い研究者たちはきっと世界の課題を解決するだろう。

キャッスル東京大会の映像を公開しました!【サイエンス・キャッスル2013】東京・大阪合わせて総勢795名にご参加いただきました! http://t.co/ZzCnPMFfN0

リバネスはバイオ教育、出前実験教室から始まりましたが、最近は課題研究活動支援にその枠を広げています。まさに、中学、高校生と課題の設計の仕方から、発表報告の仕方までの一連のサポートです。

世界でも通用するように、この教育のやり方を「リサーチ ベースド エデュケーション」とよんで、推進しています。

スライド見たい方はコチラ
http://www.slideshare.net/GeorgeYoshida/2012-csr

これは宇宙教育のリサーチ ベースド エデュケーション
http://www.jspacesystems.or.jp/wp-content/uploads/sites/11/2013/03/h20_chapter12.pdf

今年も12月、たくさんの研究をまっていますね!