画像1


昨日は超異分野学会@墨田区でした。超異分野交流会から数えるともう12年目。リケジョ企画があったり、お笑い企画があったり、町工場企画があったり。
http://rceer.com/rs/kanto2014/

この学会はそもそもはリバネスのインターンシップ生の卒業発表の場でした。

リバネスは異分野のサイエンティストが集まり、新しいビジネスを生み出す会社です。

毎週日曜日にインターンシップをやっていて、関東、関西で役40人もの修士、博士の学生が集まり、最先端の出前実験教室の企画運営やサイエンス雑誌の製作を通じて、コミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキル、マネジメント、リーダーシップを学びます。
http://lne.st/internship/

そして、最後3月、大学の卒業にあわせて、この超異分野学会で異分野の人にわかりやすく自分の本業を伝えて、合格すると卒業証書を、リバネスから渡すというかんじです。

いままで、100人以上の卒業生が社会で、活躍しています。明後日はその卒業式。

また何人ものコミュニケーターがそだっていきます。世界をかえていきます。

さて、そんな、学生たちが手がけているサイエンス雑誌の取り寄せが、開始しました!

是非取り寄せてみてください!

@@
someone』3月号、お取り寄せ申込受付中!【本体無料】

◆高校生向け科学雑誌『someone』 2014春号◆

中高生をメインターゲットに、サイエンスを楽しくわかりやすく伝えるための冊子です。

今号の特集は「ゲノム読書−究極のミステリー小説−」です。

学校では本体無料でお取り寄せが可能です。

申込WEBフォーム:http://someone.jp/school/
担当:上野(東京本社 03-5227-4198)