今日は夕方17時から公文国際学園の先生と来年度のバイオ実験教室のうちあわせ。無事助成金もとおって、学校の予算もきまり、来年は今年以上に面白い教室をやれることが決まりました!
 もしかしたら本格的にデータベースとかを使って遺伝子を解析するかもしれません。楽しみです。公文国際学園の先生は非常に教育に熱く、生徒のための教育をモットーに新しい教育の形を模索しています。これからの学校教育は、どんどん新しい風を学校の中にいれて行くことで進化していくのではないでしょうか。
 研究者と教育者が手をとりあって、新しい未来を作っていければと思っています。

○2004年6月24日公文国際学園での実験教室の様子
○リバネスの実験教室詳細はこちら